大阪城の歴史 年表

現在の大阪城天守閣は何代目?

 

豊臣秀吉が築き上げた大坂城。

 

しかし、その秀吉が造った大坂城は、今から400年前の元和元年(1615年)、「大坂夏の陣」で落城し、現在は全て土の下に埋もれてしまっています。

 

現在、私たちが見ている大阪城の石垣や堀は、徳川時代に築いたもので、天守閣にいたっては昭和に入ってから建てられたものなのです。

 

初代大坂城は、豊臣時代に造られ、2代目大坂城は、徳川時代。

 

そして昭和になって再築された現在の天守閣は、3代目となります。

 

ここでは、大坂城の歴史を簡単に年表にまとめてみました。

 

 

大阪城

 

大阪城の歴史を年表にまとめました

天正11年(1583年) 豊臣秀吉が築城工事を開始
天正13年(1585年) 大坂城の天守が完成
慶長3年(1598年) 豊臣秀吉 死す(62歳)
元和元年(1615年)

大坂夏の陣で大坂城は落城
豊臣家は滅亡

元和6年(1620年) 徳川秀忠が大坂城の再築に着工
寛永3年(1626年) 2代目大坂城の天守 完成
寛永6年(1629年) 2代目大坂城 完成
寛文5年(1665年)

落雷により大坂城の天守が焼失
その後 266年間、大坂城は天守を失ったままとなる

昭和3年(1928年) 大阪市長の関一(せきはじめ)氏が大阪城天守閣の復興を提案
昭和5年(1930年) 復興工事が始まる
昭和6年(1931年) 3代目天守閣が完成
平成7年(1995年) 「平成の大改修」が始まる(平成9年まで)
平成9年(1997年) 3代目天守閣が登録有形文化財に登録される
平成18年(2006年) 日本 100名城に選定

 

おおさかじょう

 

<スポンサーリンク>